子育て

ボランティア活動による、子供への教育効果を4つ紹介

子供たちをつれて、ゴミ拾いボランティアに参加しました、今回で3回目です。

ボランティア活動による、子供への教育効果を4つ紹介します。

1.挨拶やコミニケーション

ボランティア活動には、たくさんの参加者がいます。

全員がひとつの目的によって集合し、挨拶や会話を交わします。

子供にとって普段関わることのない、たくさんの大人とのコミニケーションは

保育園や学校では、経験することのない貴重な体験です。

2.頑張って取り組んで、達成すること

ボランティア活動を頑張って達成することにより

達成感を得ることができる、子供にとっては 自身につながります。

活動のあとは、達成感で誇らしげな顔をしています。

3.環境について、ゴミを捨てないこと

道路や川、海などのゴミを拾うことにより

ゴミを捨てることが動植物や環境に悪影響をあたえ、多くの人に迷惑がかかることが学べます。

ゴミは、必ず持ち帰るように教育できます。

4.社会貢献、感謝されること

ボランティア活動すると感謝され、社会貢献について学び、ビジネスにもつながる。

ビジネスは、不便を便利にしたり、日々の暮らしを便利にしたり、だれかを笑顔にしたりするもの

ボランティアを通して貢献することを体験できます。

まとめ

子供の教育となると、お金をかけることばかりに気を取らてがちですが

無償で労働力を提供するボランティア活動は、とても教育効果があります。

今回で、子供をつれてのボランティア参加は 3回目です

嫌がりもせず 子どもたちから行きたいと言ってくれました

一生懸命ゴミを拾い、達成することにより 自身をもったように見えました

これからもボランティア活動には、参加したいと考えています。

最後に、タバコの吸い殻、ペットボトル、コンビニ弁当 捨てている人は必ずいる

ほんの一部の人だとは思いますが ゴミは捨てないで

必ず持ち帰るようにしてください。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村

 

 

子どもの頑張りをひきだす言葉。オススメ子育て書籍3冊!子どもの頑張りをひきだす、「 自己有用感 」が高まる言葉。おすすめ 子育て本 3冊!① 子育てで困ったらこれやってみ!   カリスマ保育士 てぃ先生 ② できる子にする「賢母の力」    木下晴弘 ③ 私たちは、こどもに何ができるのか HELPING CHILDREN SUCCEED  ポール・タフ...
ABOUT ME
とも
とも
北海道| 38歳| 男性 効率化、PC、節約、投資、子育てなど 役立つ知識を配信する ブログです 宜しくお願いします。